たけのこ保育園 新着情報

TOPへ 園の概要 保育案内 保育の様子 園舎案内 子育て支援 苦情解決公開 MAP E-mail
 過去の新着情報もご覧いただけます。
2008年
4月 8月 12月
5月 9月 1月
6月 10月 2月
7月 11月 3月
2009年
4月 8月 12月
5月 9月 1月
6月 10月 2月
7月 11月 3月
2010年
4月 8月 12月
5月 9月 1月
6月 10月 2月
7月 11月 3月
 2011年 
 4月  8月  12月
 5月  9月  1月
 6月  10月  2月
 7月  11月  3月
 2012年 
 4月  8月 12月
 5月  9月  1月
 6月  10月  2月
 7月  11月  3月
   2013年
 4月  5月  6月  7月 
 8月 9月 10月 11月
 12月 1月   2月   3月 
   2014年  
  4月   5月   6月
  7月   8月   9月
 10月  11月  12月
  1月   2月   3月


  5月1日(木)        
  たけのこ便り5月号が配布されましたのでご覧ください!
  
  えんちょうせんせいのことば

 
 今井和子著 『遊びこそ豊かな学び』を読んで

  赤ちゃんから就学期までの子どもたちが

    自分のやりたい活動に夢中になり“おもしろい”

  “ふしぎ”  “なんで”  “わかった”  “くやしい”

  “よしもう一度”“よーしもう 一度”“また明日もやるんだ”

  など・・・・・。

    意欲的に遊ぶ中から、たくさんの学びを体験したり、

  発達する姿を見ていると、子供達の「生活」や「遊び」の

  すべてが「学び」につながっているそうです。

   
    幼児期は決して就学のための準備期ではなく、自らの

  体験を通して身につけ「生涯における学びの土台が築か

  れる時期」であり、人が育っていくためには、知性と感性

  の両輪がバランスよく育っていくことが大切だそうです。

    
    今日では早期教育など知識の詰め込みによって知性

  の車輪が大きくなりすぎ、感情や心が育つ感性の車輪が

  極めて小さくなってしまっているそうです。

    小・中・高生の「学びたいという意欲」が湧いてこない

  のは与えられすぎて、その大事な芽が消失されてしまっ

  たのだそうです。

  改めて太陽の下で

    朝から、全身を使って元気に遊んでいるたけのこっ子

  の姿は豊かな学びをしている最中なのですね・・・・・
  

                  
      5月2日(金)


          子供の日の集いをしました。

        子供の日のこいのぼりの紙芝居をみたり、お店屋

       さんごっこをしたり
、腕相撲大会をしたり楽しい一日を過ご

        しました。

         子供の日の特別メニューを栄養士の先生が作ってくれました。

        
       
       


        5月2日(金)
      こいのぼりの前で記念撮影!!

   
     
     


      

このページのはじめに戻る