たけのこ保育園 新着情報

TOPへ 園の概要 保育案内 保育の様子 園舎案内 子育て支援 MAP E-mail



平成28年度



H29.1.13


H29.1.12


H29.1.5

H29.1.4

 1月4日(水)                     
たけのこだより1月号が配布されましたのでご覧ください。


園長先生のことば
             「初詣に行ってきました」

 2017年が幕を明けました。

 1月4日(水)
 元気が姿で登園し、「おはようございます」の言葉に続き「あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします」と・・・年末にみんなで言った挨拶を忘れずに言えてビックリし、とっても嬉しい気持ちになりました。

 そして三所神社に初詣に行きました。途中ご近所の方々にお逢いするたびに新年のご挨拶をはっきりと言える姿に驚いて「偉いねー」とたくさんほめられました。

 小さな手にお金を握りしめ、おさい銭箱へ・・・
 「あれ!!」上手に入らない子は、とても残念な顔をしていたので「大丈夫、神様はきっとお願い事を聞いてくれるから・・・ね」と言葉をかけました。
 正しい参拝の仕方(二礼二拍手一礼)をみんなで学習しました。みんなの表情もとても真剣でした。
 小さな手を合わせ、目をとじて、頭を下げて、お願いした子供達のお願い事・・・必ず叶えてあげてほしいですね。

 今年も園児達と御家族にとりまして、輝かしい一年になりますように・・・

H28.12.27

H28.12.26

H28.12.21

H28.12.20

H28.12.19

H28.12.15

H28.12.15

H28.12.13

 12月1日(木))                     
たけのこだより12月号が配布されましたのでご覧ください。


園長先生のことば
      「去りゆく秋の コンサートに感動しました」

 11月18日(金)たけのこ山の紅葉の下で「紅葉コンサート」が行われました。高齢者の「童謡うたう会明野」の方をお招きして、園児達と一緒に童謡を楽しみました。ご近所の方々、ひまわり苑の方々、支援センターの方々もいつの間にか口ずさみ、和やかな会場になっていきました。1時間があっという間に過ぎ、帰り際園児達とハイタッチすると「小さい子っていいですね。元気をたくさんいただきました。」と、とても喜んで笑顔でお帰りになりました。

 そして、11月27日(日)県西生涯学習センターで「虹色の音コンサート」が行われました。ピアノ・オカリナ・笛・コカリナ・ハーモニカ・ギターなどいろんな楽器の1年間の総仕上げの場としての発表でした。年を重ねても趣味を持ち続けていく事が今の人生を輝かせているのだと知らされました。

 最後に県立下館工業高等学校「ジャズバンド部」の演奏でした。キラキラ輝いて演奏している生徒達に盛大な拍手があり、会場は熱気に包まれました。一生懸命な姿にアンコールの声もあがり、答えて演奏してくれました。
 久々に若い力とスバラシイ笑顔に感動しました。久しぶりに豊かな気持ちになり、この若者達に輝かしい未来を!!と願わずには いられませんでした。

 コンサートは いつ聞いても 感動しますね♪

 


H28.11.15

H28.11.18 ♪紅葉コンサート♪

H28.11.17

H28.11.21

H28.11.9

H28.11.9

H28.11.4


H28.11.2


H28.11.2


 11月1日(火))                     
たけのこだより11月号が配布されましたのでご覧ください。


園長先生のことば
      「おかえりなさい 仲よしランド」

 しばらくの間、点検・修理のため、長年使っていた大型遊具「仲良しランド」が取り外されていましたが、先日とってもきれいな姿で戻ってきました。
 子供達は大喜びで、早速1歳児さんから年長児さんまで、うれしそうに遊びはじめました。

 たくさんの遊具が組み込まれているので、それぞれの年令に合った運動機能が開花され、楽しく全身を使って遊ぶことができます。
 小さい子達は、おにいさん・おねえさん達の遊ぶ姿を見て、遊び方を学習しています。(職員も子供達の活動が把握できるよう配慮しています)
 卒園した多くのたけのこっ子達も「仲良しランド」で体力をつけ頑張る事を知り、挑戦することを学び、小学校へと入学していきました。そして、今でもみんなとても頑張っています。

 大好きな「仲良しランド」これからも園庭で遊ぶ元気な子供達を見守っていて下さいね。
 大きな怪我から身を守ることは、毎日の遊びの中から学んで行きます。真剣に遊びましょうね。
 


H28.10.31

   


 10月3日(月)                     
たけのこだより10月号が配布されましたのでご覧ください。


園長先生のことば
      「自然いっぱいの広い遊び場ができました」

 去る9月25日(日)午前7時30分より、保護者の皆様方による除草作業が行われました。
 カマ、ホウキ、刈り払い機を持参していただき一生懸命に作業していただきました。大勢のお父さん達がお手伝いをしてくれたお陰で、園庭整備はもとより、倒木なども片付けられ、万国旗も飾られ、運動会の準備は万全となりました。本当にお疲れ様でした。

 「たけのこ畑」の周辺の畑の腰まであった雑草も、みるみるきれいに刈り取られ、自然いっぱいの「遊び場」へと変貌しました。

 広い草の上で遊ぶのも楽しいだろうなと思っていた矢先、30日(金)運動会の練習のあと、ひまわり・わかば・そら組の子ども達が虫カゴとあみを持って遊びに出かけました。職員室から見ていても嬉しそうな声と、前後左右に動いている虫カゴが子供達の様子を伝えてくれていましたが、「ただいまー」の挨拶と同時に「カマキリがいたよ!コオロギもいたよ!ショウリョウバッタもいたよ!捕まえられたよ」と一斉に、聞き取れない程の言葉、とっても楽しかったのだろうと子供達の表情から感じられました。
 改めて刈り払いをしていただいたお父さん達に感謝です。

 これからの季節、青空の下自然の恵みいっぱいの広い畑でたくさんの昆虫と遊んだり、季節の草花を見つけたりと、「秋」を体と心いっぱいに吸収して感性の豊かな子になってほしいと願っています。

 暑い中の除草作業 本当にありがとうございました!!


 9月1日(木)                     
たけのこだより9月号が配布されましたのでご覧ください。


園長先生のことば
      「合宿に行ってきました 筑波山に登ってきました」

 8月19日(金)、20日(土)わかば・そら組は1泊2日で夏期合宿に行ってきました。作ってもらったお弁当の入ったリュックを背負い、わかば組は神社の裏山で自然散策をしたり、あみとカゴを持って、オニヤンマやチョウチョを追いかけ、バッタを捕まえて大喜びしました。

 そら組は1人ひとり乗車券を買い、ケーブルカーの一番前を陣取って山頂駅へ・・・気温は21℃涼しい!!気持ちいい!!・・・軍手をはめて登山スタート!!
 はじめに女体山へ。園から毎日見ている電波塔を見つけ、保育園のみんなに聞こえるように「ヤッホー」を連呼。
 歩き続ける自分自身にガンバレーの応援、山頂に着くと、眼下に見下ろす景色を見て「スゴーイ!!」と感動。「仲の茶屋」でお昼もペロリ♪

 残る男体山に向かいました。途中ですれ違う人達に「偉いねー」「どこの保育園なの?」と聞かれ、その度ごとにニコニコ顔でお話し、「がんばって登ります」と・・・。
 目の前にスゴイ岩石「どうやって登るの?」と困り顔の子ども達・・・園長は「登っている人はどんな登り方をしているか、よーく見てごらん」と言うと、食い入るように見ている子ども達。・・・すると「行くぞ!!」と両手を使い、軍手を真っ黒にし、這うようによじ登ると、あっという間に頂上に着きました。

 日常の生活では経験できないスバラシイ体験ができた夏期合宿。毎年、年長児さんが帰りのバスの中では輝いています。
 
 きっと、自信という宝物を身につけたからですね!!


 8月1日(月)                     
たけのこだより8月号が配布されましたのでご覧ください。


園長先生のことば
      「スゴイね  ひよこ組さん!!」

 先日の朝の会のあと、1才児ひよこ組さん達がテラスでおやつをいただいていました。私も一緒にとなりに座って楽しんでいた時のことです。

 テラスの隅には、カゴに入って人数分の「水筒」が置いてありました。その水筒を見ながら、「自分の水筒がわかり、開け閉めが自分でできて、上手に飲めるように指導して、担任も頑張ったなぁ」と思っていました。

 おやつが終わり、水分補給の時間になったらR子ちゃんが進んで水筒カゴに近寄り、水筒をていねいに1つずつお友達に「どうぞ」とやさしく手渡しています。

 園長 「えっ!お友達の水筒がわかって配ってあげているの?」
 担任 「ハイ!お友達の水筒がわかるんです♪」

 と担任のことば・・・・
 きっと毎日担任が水筒を1人ずつに配っている姿を見て、学び、いつの間にか10個以上あるお友達の水筒がわかるようになった様です。

 「スゴイねー!偉いねー!Rちゃん」

 日々の生活の中で大人の仕草を見て、学習している子供達
 そして、子供達のやりたい事を見守りながら挑戦させている先生達
 そして生きて行く為の知識を経験しながら体得していく子供達

 1才児さん達でさえ、見て覚えてできる様になりますので、年齢が大きくなればなるほど何でもできる様になるはずです。
 
 子供達は 何でもやりたい気持ちでいます。
 ドンドンやらせてあげて下さい。
 挑戦した分 学び、できる事が増えていきます。
 自分のことが 自分でできる様になる事が 自立ですので。



 7月1日(金)                     
たけのこだより7月号が配布されましたのでご覧ください。


園長先生のことば
      「自分でできることは 自分でしましょう!!」

 毎月1回 衛生検査が行われ、髪の毛・つめを主に、ひまわり・わかば・そら組は持ち物(名札・ハンカチ・ティッシュ)検査を実施しています。
 でも、なぜ検査の日にちを教えていないのでしょうか・・・?それは、必ず毎日、きちんとされているはずなので、いつ検査をしても大丈夫なのだという考えだからです。

 ところが、突発的に実施するとつめの伸びている子、名札・ハンカチ・ティッシュの3点セットの忘れ物が毎月いるとの事で、ちょっと淋しい気持ちになり職員で言葉掛けをするようにしていました。

 そんな矢先、そら組のA君が朝から泣いているので聞いてみると「朝、お母さんが忙しいからハンカチ、ティッシュを用意してくれなかったの」と。早速、園長は「自分の事は自分でできる子に・・・」と思い、先日の朝の会で「ハンカチ、ティッシュのある所をお母さんに聞いて、自分で用意できるよね」と約束しました。子供達が意識を持ってくれると良いなと思っていました。

 次の日からA君は「今日、持って来てるよ」と、毎日知らせてくれました。そんな時、お迎えに見えたお母さんから「そう言えば、忘れ物しない様に前日の夜に自分で用意していました。」と、スバラシイお話を聞いたので、再び朝の会でA君を前に出して、自分で用意していた事をお友達に知らせました。先生方も感動しました!
 きっと今月からの衛生検査は日付が書いていなくても、良い成果が期待できそうです。

 子供だから まだ幼いから できないだろう わからないだろう
  だから 私がやった方が早いし 間違いないし
   と  思っていた お父さん お母さんは いませんか??

 大丈夫です  きちんとお話をすれば 理解して
  その子なりに できますので もっと もっと
  我が子を信じて  あげましょう

 そして できる事は 少しづつ させてみて下さい
  大切な 家族の一員として・・・・
       
       
       
       


 6月1日(水)                     
たけのこだより6月号が配布されましたのでご覧ください。


園長先生のことば
      「大きくなって 立派になって ビックリしました」

 5月28日(土) 小学校の運動会に行ってきました。
 卒園生達の姿を思い浮かべながら会場に向かいました。「園長先生、泰延先生 こんにちは!」と笑顔で挨拶してくれたので振り向くと、ひまわり組の時にはちょっとした事でもすぐに泣いてしまい、なかなか泣きやまなかったS君が6年生になり、私達よりも大きくたくましくなっていてビックリ・・・・腰には係のバッチをつけ、その仕事の内容も話してくれました。いろんな事にがんばっている様子が手に取る様にわかりました。

 「園長先生、泰延先生 麦茶飲みますか?」と、お盆の中から差し出してくれたR君、やはり6年生になっていました。
 今年の運動会の「実行委員の委員長」さんでした。保育園の頃から、運動が大好きで、いろんな事に挑戦し続けていたがんばり屋さんでしたので納得がいきました。

 卒園生達が姿を見つけては挨拶に来てくれ、一人ひとりが皆 今できる事をがんばっている事も知りました。
 体も大きくなり、言葉使いも立派になって、改めて子供達の成長に感動しました。

 その陰の力は、いつも子供達と真剣に向き合っている保護者の方々、お友達、地域の方々のたくさんの「愛」があるからだと感じました。いつまでも「やさしさ」と「たくましさ」を忘れないで、成長してほしいと思いました。

 それぞれの競技に真剣に取り組んでいた姿は とても立派で印象的でした!!


 5月2日(月)                     
たけのこだより5月号が配布されましたのでご覧ください。


園長先生のことば
      「たけのこ山の 春の自然に 子供達は 感動です」

  子供達を見守っていてくれる たけのこ山の
 山桜が やっと 咲いたと思ったら 春風に花びらが チラチラ舞い落ち
 「雪みたい」と 手のひらを広げ
 花びらを拾い集めては 大切そうに ポケットの中に

  そして今「サクランボ、サクランボ」と言い 落ちてきた
 真紅の小さな実を見つけては 指でつぶして
 真赤な色に喜び ビニール袋に入れて
 「お母さんに おみやげ」と言って
 大切に 通園カバンの中に・・・・・

  葉桜になった 山桜
 たけのこ山は今 まぶしい新緑です。
  今年もまた 新緑コンサートを予定しています。

  地域の方、ひまわり苑の方、
 子育て支援センターの方をお招きし、保護者の方をお誘いし
 みんなで楽しいひとときを 過ごしたいと思っています。

  スバラシイ春の自然に 感謝しながら
 季節ごとに変わる たけのこ山で 子供達は
 たくさんの経験をしながら 大切な宝物を
 たくさん 見つけて
 輝いていて ほしいですね。
 


 4月1日(金)                     
たけのこだより4月号が配布されましたのでご覧ください。


園長先生のことば
      「平成28年度がスタートしました」

 入園式で
  はじめての園生活を送るお友達は、新しい出発
 始業式で
  新しい担任の先生との出逢い

 保護者の方も お友達も ワクワク ドキドキの不安と感動で 新学期がスタートしました。

 やさしい桜の花が そんな不安を消してくれます。
 優しい担任の先生方の ことばがけで 新しいクラスに慣れていきます。
 
 大好きだったお母さんと 離れることはつらいけれど
 月・日が経つと 笑顔に変わり
 お友達が大好き 保育園が大好きに 子供達は大きく 成長していきます。

 子供は子供達の中で 子供らしく
 たくさんの遊びの中から 社会生活のルールを学びます。

 いつの日か 親元をはなれ 旅立つ時に 社会の中で しっかりと生きていける「人」に・・・。
 先を見つめて、保育を、育児を みんなで しましょうね。


平成27年度

 3月1日(火)                     
たけのこだより3月号が配布されましたのでご覧ください。


園長先生のことば
      「卒園おめでとう 
            そして たくさんのありがとう・・・を」


 2月27日(土)お別れ遠足に行ってきました。
 卒園の思い出作りに益子焼の手捻り製作をしてきました。
 行きは真岡鉄道の電車に乗り、帰りはSLに乗って帰ってきました。線路の上を真っ直ぐに走る電車に子供達は大興奮。「スゴイネー」「真っ直ぐに続いているねー」と・・・

 私達は、あの線路の様に、卒園して行くお友達が真っ直ぐに進んで行ってほしいと思っています。進んで行く途中には、困ったり・迷ったり・泣いてしまうことがあるかも知れません。でも大丈夫です。・・・がんばれる「たけのこっ子」です。
 たくさんの事を学んで自信をつけたみんなは、困難に打ち勝つ力を持っています。がんばる力を持っています。
 後戻りはせずに、ゆっくりゆっくり胸を張って歩んで行って下さい。先生達はいつまでもいつまでも応援しています。見守り続けています。

 保育園では、年長さんとしてリーダー意識を持ち、たくさんの事に挑戦してくれましたね。小さい子のお手本としてがんばってくれたり、やさしくしてくれて本当にありがとうございました。

 私達は いつまでも そら組さんのやさしさは忘れません。


 2月1日(月)                     
たけのこだより2月号が配布されましたのでご覧ください。


園長先生のことば
            「感動をいただきました」

 去る1月16日(土)「保育者仲間の集い」が下館総合体育館に於いて行われました。一部は「永年勤続者の表彰式」、二部は県立大洗高等学校マーチングバンド部による吹奏楽部の演奏会でした。
 体育館の二階から見せていただきましたが、演奏をしながらの隊形移動は一糸乱れずに本当にスゴイ!!
 ただ、ただ感動でした。

 これだけの感動を多くの人達に与えられるのは、毎日の練習はもとより、スバラシイ仲間との出逢い、好きな事を技術を高めながら続けられる忍耐力は、きっとたくさんの経験を身につけたから、これ程の力が発揮できるのではないかと思い、キラキラ輝いている1人ひとりの高校生が眩しく見えました。

 今、私の目の前で、無邪気に遊んでいるたけのこっ子達も、卒園後たくさんのお友達と出逢い、たくさんの体験をし、日々成長していく中で、大好きな何かを見つけ、その事に一生懸命に励み、学び、自分磨きをしてほしいと思います。そして、いつか自分自身に力をつけ、自信を持ち、胸をはって生きて行ける、そんな「人間(ひと)」になってほしいと思いました。


 1月4日(月)                     
たけのこだより1月号が配布されましたのでご覧ください。


園長先生のことば
      「新年明けまして おめでとうございます」

 たけのこ保育園も、子供達の笑顔と元気で新しい年がスタートしました。
 1月4日(月)の始業式は、へやの中で正座をして、新年の挨拶をしました。「お家でもやったよ」「お年玉たくさんもらったよ」「おもちゃを買ったよ」と嬉しそうにお話をしてくれました。

 今年度も残すところ3ヶ月。4月には進級や入学が待っています。たくさんの事ができる様になり、たくさんの力をつけて来たお友達の総仕上げの時期となりました。

 改めて一人ひとりの子を見つめ直し、それぞれの年令にあった「自立」に向かって、職員一同力を合わせて保育をして行きたいと思っておりますので、今年もよろしくお願い致します。

 皆様方のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。


 12月1日(火)                     
たけのこだより12月号が配布されましたのでご覧ください。


園長先生のことば
      「スゴイです! いちご組さんが
                 朝の会のリーダーできました!!」


 去る11月18日 ひまわり・わかば・そら組さんが園外保育に出掛けるため、朝の会のリーダーができません。そこで、前日いちご組の担任が「あしたの朝の会のリーダー、いちご組さんでできる人はいませんか?」と問うと、「ハイ」と4人のお友達が手を上げたので、「困ったね。リーダーさんは1人なんだけど・・・」と話すと「じゃあ、ジャンケンで決めよう」と言い、(ジャンケンができたそうです)ジャンケンでH子ちゃんが勝って、リーダーに決まったそうです。

 そして当日、H子ちゃんは時間になると、職員室に来て、朝礼台にのって「11月18日、水曜日の朝の会をはじめます!!」と、はっきり言えスムーズに進める事ができました。職員達は皆ビックリし、感動してしまいました。

 そして知らされました。
 毎日のリーダーさんの一挙一動をしっかり見て、覚えてしまったことを・・・。

 そして、改めて感じました。
 子ども達は、歩けるようになり、興味がわいてくると、すべてを真剣に見つめ、聞き、ひとつずつ覚え、学んで身につけて行くのだと・・・。
 私たち大人は、しぐさも、ことばも、行動も見られているのですね。いい加減はできませんね。
 子ども騙しもできませんね。すべて 子どものお手本ですから・・・。


 11月2日(月)                     
たけのこだより11月号が配布されましたのでご覧ください。


園長先生のことば
      「園長先生! とび箱 8段 買ってください」

 感動と歓喜の中で、、あっという間に終わってしまった運動会。開会式から閉会式まで全園児が参加で、つぼみ組からそら組まで一人ひとりの子供の成長がみられましたね。

 あの感動的な「チャレンジャー」を通して、目標に向かってがんばる事を学んだ子供達は、その後も挑戦し続けています。小さいクラスのお友達も一生懸命に真似をして遊ぶ姿が見られます。

 そして先日、そら組のお友達から「園長先生、みんながとび箱七段跳べるようになったから8段かって下さい」とお願いされました。思わず「はい、わかりました」と即答しましたが、以前7段を特別注文した時も「幼児用とび箱が6段までなのですが・・・」と言われた事を思い出し、重ねてお願いし作っていただける事になりました。

 また 新たな挑戦が始まりますね

 年長児そら組の姿は、小さい子達の憧れの存在です。
 そら組が輝いている事はたけのこっ子みんなが輝いている事です。いつでも そして いつまでもチャレンジ精神を忘れずにがんばり続けられるたけのこっ子になってほしいと願わずにはいられません。


 10月1日(木)                     
たけのこだより10月号が配布されましたのでご覧ください。


園長先生のことば
      「除草作業 ありがとうございました」

 朝早くから保護者の方々による除草作業が行われました。日頃から気になっている所や、なかなかできない所など細かい所まで除草していただき、見違えるようにきれいになりました。本当にありがとうございました。

 翌日、登園してきた子供達は「わぁ 万国旗がある!」「お庭がきれい」と喜びの声を発していました。さっそく、かけっこの練習をすると砂のない園庭は走りやすくなり、補助なし自転車に乗ってもすべらなくなりました。
 きれいに整備された園庭で、10月10日(土)には「運動会」が開催されます。つぼみ組さんからそら組さんまで、毎日の園生活の中で学んだ事や、がんばって練習して体得した事など、一人ひとりの持っている力を十分に発揮して成長した姿を見ていただきたいと思っています。
 
 転んで泣いても 大丈夫
      失敗しても 大丈夫

 今年のスローガン
 「輝いている キミのがんばり 一等賞」に向かって!!

 先日の鬼怒川氾濫の際、被害にあわれた方々に心よりお見舞い申し上げます。


 9月1日(火)                     
たけのこだより9月号が配布されましたのでご覧ください。


園長先生のことば
      「やっと 秋になりましたね」

 にぎやかなアブラゼミの声に変わって、虫の音が聞かれる様になり季節は秋になって来ました。
 プール遊び、七夕、合宿、夏祭り、わんぱく相撲と夏しか経験できないたくさんの事を学び身につけ 心も体も大きくなりました。

 涼しくなってきた今日は、さっそく園庭にとび箱、平均台、鉄棒が設置されました。
 きっと明日からは、登園すると目標に向かって一直線!!そして、いろんな事に挑戦する子供達!!

 がんばり続けて目標達成した時には「せんせい、みてー」と自信満々で笑顔イッパイです。
 そんながんばりを発揮できるのは「運動会」。
 「運動会」のその日まで がんばり続けて 強い たけのこっ子になってほしいですね

 実りの秋・読書の秋・食欲の秋 そして ガンバリの秋 ですね!


 8月10日(月)                     
たけのこだより8月号が配布されましたのでご覧ください。


園長先生のことば
      「夏合宿に行って来ました!!」

 お弁当が入ったリュックを背負い、着替えや洗面道具の入ったプールバッグを持ち、ホテルのマイクロバスに乗り筑波山へと出発しました。

 一日目、そら組はケーブルカーに乗り、女体山・男体山登山です。前日の雨で足元が悪く、すべったり転んだり大変な思いをしながら無事全員登山することができました。
 わかば組は神社の裏山を散策しながら、アミとカゴを持ちトンボや蝶を追いかけました。やっと捕まえてもなかなか触れず大騒ぎ。励まされ、手助けされてやっと震える指で触ることができました。ドキドキの体験でした。

 午後そら組さんを迎えにケーブルカー駅へ・・・
 今朝ホテルで見送ったばかりなのに、降りてきた姿をみると「おかえりなさい」と抱き合い、無事に喜んでいました。
 みんなで大きなお風呂に入り、広間で夕食をいただき、楽しい楽しいゲームでステキなプレゼントをゲットして大喜び!
 そして、お布団へ・・。ひとり、またひとりと夢の世界へ・・お家を思い出す暇もなく、22時前にはみんな眠りにつきました。夜中に誰ひとり泣く子もいませんでした。

 いつもの園生活とは違った環境で過ごした2日間。
 自信タップリの表情と一人でがんばれたという満足感で強く、たくましくなってバスを降り、保護者の胸にとび込んで行きました。


 7月7日(火)                     
たけのこだより7月号が配布されましたのでご覧ください。


園長先生のことば
      「元気なかけ声でお店屋さんが開店しました」

 ひまわり、わかば、そら組さん達がアイデアを出しあい、創意工夫してステキな作品が仕上がり、お店屋さんを開くことになりました。
 当日は、朝から開店の準備にとりかかり、準備万端わかば、そら組の部屋が会場となりました。開店の放送が入ると「さぁ、いらっしゃい!!いらっしゃい!!」と大声です。

 最初はつぼみ組さんが先生に抱っこされ会場へ・・・ビックリした表情でしたが、お店屋さんに進められたケーキを手にしてニッコニコ。

 次はひよこ組さん。先生に手をひかれ会場へ・・・元気なかけ声ときれいな品物にとまどい顔「これがいい?」「これでいいよね」お金との交換を教えてもらい、手にしてソフトクリームを思わず口へ・・(ダメよ、おもちゃです!)

 次はいちご組さん、先生と一緒にお買物。賑やかなお店屋さんに思わず立ち止まりながらも目は品物の方へ。一生懸命選ぼうとしています。先生に教えてもらいながら、おもちゃのお金を出して使い方に苦労しています。やっと選んだ腕時計をはめ、指輪をして大喜びでお部屋に戻ってきました。

 お店屋さんもすべて完売できたので大満足。大変な思いをし、準備したせいか清々しい表情でひと回り大きくなったような感じがしました。(小さい子達のためにがんばったんだよ!・・・と)

 小さな経験や体験の積み重ねが自信となり、1人1人の子どもが大きく成長するための”礎”を築くのだろうと思われる活動でした。

 ありがとう そして ごくろうさまでした。


 6月1日(月)                     
たけのこだより6月号が配布されましたのでご覧ください。


園長先生のことば 「暑い夏がそこまでやって来ています」

 登園すると身支度を整えて園庭に出て、好きな遊びを好きな友達と遊んでいる子供達。朝の会には前髪はもうビチョビチョ・・・。
 子供は大人と違い新陳代謝が良いのですぐに汗をかきます。汗をかいても夢中で遊んでいます。

 先日、先生方とお友達と話し合いをしました。むし暑いこの時期、朝から汗ビッチョリですので、昼食前着替えをし、サッパリしてお食事をいただきましょう。
 お昼寝も薄着になって眠りますが、起きた時汗をかいていたら着替えをしておやつをいただきましょう。

 健康管理の為にも、汗をかいたら着替えをすることを子供達とも指導として約束しましたので、週末持ち帰った整理カゴには、夏用の下着・上着を余分に入れてご持参ください。
 汗をかいた後は、さっぱりとして気分爽やかににしてむし暑いこの時期を乗り切って元気に過ごしたいですね。

 ※つぼみ組さんは沐浴が始まります。
 ※ひよこ組さん以上ではプールが始まります。
          


 過去の新着情報もご覧いただけます。
 
平成26年度
  4月   5月   6月
  7月   8月   9月
 10月  11月  12月
  1月   2月   3月
平成27年度




このページのはじめに戻る