【保育士】給与も高く土日休みの保育園、プライベートの仕事の両立ができると思ったらそこは年上年下構わずわがままなお局先生のいる園だった

【保育士】給与も高く土日休みの保育園、プライベートの仕事の両立ができると思ったらそこは年上年下構わずわがままなお局先生のいる園だった

【性別】女性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
23歳

【当時の職業】
保育士

【当時の住まい】
実家で両親と妹と同居

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
今は退職し無職





【就職のきっかけと経緯】
ハローワークに求人が載っていたので、面接を申し込んで就職をしました。
保育園でも土日休みなところが良いと思って就職をしました。

【環境と仕事内容】
0.1歳児の担任をしていました。
休日は土日休みだったので助かりました。
0.1歳のクラスで先生が10人以上も同じ空間にいるのがとても耐えられませんでした。
給与は手取りで14万と周りの保育園と比べたらそこそこ高かったのではないかと思います。
建物は創立50年を超えていたのでかなり古かったです。
和式トイレもありました。

【大変だった時期】
就職してすぐから大変でした




【大変だったこと】
人間関係がとにかく悪いです。
30代前半独身のお局が1人いて、年上の職員もその人に従っている感じでした。
その人はキビキビ動けない人がとにかく嫌いみたいで、私も就職してすぐにターゲットにされて仕事に行くのが憂鬱になりました。
他の職員の前で平気で差別をしたりするので、人間性に問題がある人なのだなあと思いました。
他の職員も気が強いひとがとにかく多かったです。
昼食の時もシーンとした空気で、外で1人で食べたいなあといつも思っていました。
物事を決める時も園長や副園長より、長年いる職員に決定権があるというとても謎な組織でした。
やはり上がしっかりしてる人でないと、下の人たちもついていかないんだなとその園を見て思いました。

【大変だった期間】
就職してから2ヶ月くらいでした。




【当時の心境】
嫌悪感がすごく、毎日苦痛でたまらなかったです。
ですがそこに就職するまでもかなり転職をしており職歴がやばかったので、頑張って通わなきゃという精神で仕事に行ってました。
意地悪な人とは極力顔を合わせないようにしました。

【職場が大変だった原因】
特定の意地悪な人物のせいが大きかったと思います。
年下にも関わらず目上の人にも攻撃的な人で皆さん陰ながら恐れていたようです。




【仕事で良かったこと】
子どもたちは可愛かったです。
日々の成長が感じられてとても嬉しかったです。
懐いて毎日遊ぼうと言ってくれる子どもの存在は仕事をする上でとても癒されました。
職員の人間関係さえなければ続けたのにと思ったほどです。




【特にひどかった最悪の出来事】
その意地悪な30代前半独身の職員が、職員の名前を呼ぶ時にあからさまに私の名前を呼ばなかった事です。
みんな先生呼びなのに私だけさん付けをされることもありました。
これを境に私は職場から離れることを決めました。
いくら仕事に行きたくても人間関係がこんなに悪い職場はいたくないなと思ってしまいました。
そしてこんなにあからさまな大人がいる事に驚いてしまいました。
今まで経験した事のないような経験でした。
そして保育業界に対して嫌悪感を持つようになってしまいました。
将来自分が子どもを持つようになっても、保育士に対して上手く接していけるかもとても不安です。
就学するまでは自分の手で育てたいと思ってしまうほど、保育がトラウマになってしまいました。




【相談した人・助けてくれた人】
年配の先輩がカフェで相談に乗ってくれましたが、その先輩も意地悪な先輩の圧力に負けているようでした。
年配なのに。
退職する時は特に引き止めもされなかったので、私はそれくらいの存在なんだなあと思ってしまいました。

【改善のための行動】
できるだけ関わらない事を決定しました。
その人に聞かなくて良いことは他の人に聞いたり、挨拶以外は特に関わらないようにしました。
その方が互いのためにもなりますし、自分も傷つかなくていいなあと思ってしまったからです。




【現在の状況と心境の変化】
あれから2年ほど経ちましたが、今でもたまにその保育園が夢に出てきて非常にトラウマになっています。
たまに思い出して嫌な気持ちになってしまうほどです。
保育はもう必要がなくなるまで関わりたくないと思います。
保育を今でもやっている人は本当に忍耐力がすごいのだと思います。
私生活でもたまに思い出してしまうので、本当に嫌だったのでしょう。

【学んだこと】
周りの人には優しくする事です。
その意地悪な人を見てそう思いました。
また、やばいと思った組織は早くてもさっさと辞めるという事です。



【当時の自分へのアドバイス】
まずその職場に就職するなという事です。
いきなり就職するとその職場の実態が分からないので、何度かボランティアや見学をさせてもらってから就職を決めた方が良いと思います。
このような事ができていたら、意地悪な人もすぐに見抜く事ができて予め避けることもできたのではないかと今では思います。
とにかくまずはそこに就職するなと言いたいです。