【保育士】マスクをつけない政治家が少数いるとそれを真似する保護者もいるということ

【保育士】マスクをつけない政治家が少数いるとそれを真似する保護者もいるということ

【性別】女性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
34歳

【当時の職業】
保育士

【当時の住まい】
現在、主人と2人暮らしです。

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
今も同じ職場で働いている





【就職のきっかけと経緯】
私は、保育士として働いています。
転職の話ではなく現在の保護者のことについて書こうとおもいます。
よろしくお願いします。

【環境と仕事内容】
私は、契約社員として保育園で働いています。
正社員と契約とパートさんで2歳クラスの担任です。
園長先生や主任先生など、同僚はとても優しいていい先生たちです。
恵まれた職場で働けているなと思っています。
ですが、問題なのは保護者です。
私たち保育園の同僚や園長先生、主任先生もみんなでどうしたらいいのかと悩んでいます。
苦労継続中です。

【大変だった時期】
現在です!!コロナウイルスで生活スタイルが変わったことが原因です。




【大変だったこと】
コロナウイルス対策として、マスクをすることが当たり前になってきた現在です。
1人の保護者が急にマスクをせずに子どもの送迎をしてくるようになりました。
最初のころは、マスクをしていたのに急にしなくなったのです。
マスク忘れただけかな?と最初は思っていたので声をかけなかったのですが、連続してしてない日が続いたので、マスクをしてください。
と声をかけました。
すると「マスクしないといけないの?」と返ってきた言葉に私たちはびっくり!!コロナ対策ということも話たら2日はマスクつけてくれましたが、またマスクをつけない日が、始まったのです。
次にまたお願いしても「つけると頭痛がするからつけたくない」との理由でした。
しかし、働いてる先やスーパーなどではマスクをつけているのです。
送迎なんて短い時間なのになぜ??です!!こちらごお願いしても怒り口調です。
主任先生や園長先生も声をかけてくれましたが、聞き入れてくれません。
そして、マスクをすることへの悪影響についての週刊誌を持って渡されました。
テレビでマスクをしてない人のニュースを見るたびに思い出します。
コロナが落ち着くまではマスクをつけて欲しいです。

【大変だった期間】
現在進行中です。




【当時の心境】
コロナ対策でマスクの大切さをテレビでもう一度伝えていただきたい。
そして、マスクをつけないという政治家は少しテレビにでないで欲しい。
悪影響も知らせるべきだが、それを改善するための方法などを週刊誌やテレビでもやってほしいです。

【職場が大変だった原因】
保護者対応が難しいです。
なかなか保護者に納得してもらえる提案ができないのでいい案が有ればいいと思います。




【仕事で良かったこと】
本当に、毎日の送迎の時間が嫌な時間になりました。
しかし、おかげで保育の中は逆によくなりました。
みんなで対策をめっちゃくちゃ考え合ってるからだと思います。
そこだけは、逆は感謝しています。
今は、早く退園して違う園に行ってほしいと願っています。




【特にひどかった最悪の出来事】
マスクをしない保護者なのに、子どもには毎日マスクをさせて登園させてくることです。
そんなにマスクを反対して怒ってくるなら、子どもにもさせない方針かと思っていましたが、マスクをして登園してきたときには、目が点でした。
そして、子どもには、マスクをさせた方がいいと思うという持論をマスクをつけない母親が語っているのです。
面白かったです。
そこまで言うならあなたもマスクをすればいいのにと思いました。
そして、子どもから買い物してきたよ。
お母さんマスクしてたよ。
と報告を受けた時も笑いました。
子どもは自分の親のことをよくみているなと思いました。
聞いてないのに言うということは、子どももマスクしないといけない環境だということを理解してると思いました。




【相談した人・助けてくれた人】
同僚や主任先生や園長先生です。
言われたことをすぐ報告してみんなでその人の対策を考えています。
言っても無駄だけど、言わないとね。
でも、子どもは、保育士の方が正解だと思ってるから頑張ろうねと話しています。

【改善のための行動】
今は、マスクをせずに保育園の中に入られるのは困るので、園の中に入る時はマスクをつけてもらおうということに力を入れています。
送迎の時もできるだけ喋らないようにしてます。
そして、何を言われてもみんなで同じ態度を取ろうとしています。




【現在の状況と心境の変化】
対応するのは、ほんとに疲れます。
でも、お陰で同僚や園長先生や主任先生とも団結することができたので、そこは感謝です。
コロナ対策がテレビで流れるたびに保護者の顔が浮かんで嫌な気持ちになりますが、それも我慢です。
今年度もあと1ヶ月とちょっとなので、その保護者とも担任として顔を合わせるのもあとちょっとと思って過ごしてます。

【学んだこと】
人生、生きていれば色々なことがあるということです。
毎回毎回、意味の分からない怒りを私たちが聞く。
コロナなんて細菌なんだから、保育士のせいにしないでください。



【当時の自分へのアドバイス】
頑張れ!!あと少しで担任は終わる!!これで顔を合わせるのも減るだろう!!そしたら、ちょっとは気が楽になるだろう!!できれば、転園してほしいけど、他の園も大変な人をもらうことになるからなぁ、1番はコロナウイルスの終息を願っておこう。
平和な日常が戻ってくることを祈っています。
マクスのない生活に戻れる日は、いつだろうう。