中途採用の保育士嫌いの先輩。職場環境の改善を訴えるも見て見ぬふりをする園長にも嫌気がさし転職を決意した話。

中途採用の保育士嫌いの先輩。職場環境の改善を訴えるも見て見ぬふりをする園長にも嫌気がさし転職を決意した話。

【性別】女性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
27歳

【当時の職業】
保育士

【当時の住まい】
ひとり暮らしで賃貸マンション

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
転職して、同じ業種の別の職場で働いている





【就職のきっかけと経緯】
給料が高く、通勤しやすい場所にあったから。
ハローワーク経由ではじめは見学という形で出向いたが経験等の話からぜひ就職をとい流れでそのまま内定した。

【環境と仕事内容】
姉妹園が複数あるマンモス保育園の年中児担任。
25人を自分含め2人で担任していたが、相方は週2日は日中いない。
土曜日は月に1度程出勤で振替休日あり。
シフトは時間間隔が細かくされすぎていて普通番がほぼない。
子どもや保護者はほとんどがいい人だがたまにモンスター化する。
園長は普通だが、新卒からずっと働いている保育士たちが悪くモンスター。
給料は平均より高い。

【大変だった時期】
27歳で転職しこの職場に就職。
はじめからずっと大変だったが、2年目が特に酷かった。




【大変だったこと】
ブラック企業だった。
ハローワーク経由で申し込んだが、出入りが激しいけど本当に大丈夫か?とハローワークの人から心配される程。
実際のところ、8:30?17:30の普通勤務のシフトはほぼなし。
定時に上がれることは年に片手で足りる程。
サービス残業当たり前。
行事前は日付を跨ぐほどのサービス残業がつづく。
持ち帰りはもちろんあり。
先輩より先に帰ることは許されず、雑用はやらされて当たり前。
あまりの過酷な労働環境で勤務中に倒れて救急搬送されたが、その日に勤務に戻らなかったこと、大事をとって次の日も休むよう園長の指示で休んだがそれも気に入らなかったようで次の勤務時から挨拶しても話しかけても全て無視。
しまいには自分のクラスの子どもたちまで一緒にはぶかれる始末で酷かった。

【大変だった期間】
2年半のうち最初から最後までずっとでした。




【当時の心境】
保育士である前に1人の人間として、嫌がらせをしてくる先輩たちには嫌悪感がすごかった。
明らかに労働環境が悪く人間関係も悪い、元凶が分かっているのにも関わらず何も動かない園長たちにも嫌気がさし辞めた。
子どもや保護者には恵まれていたため、当時年中担任で子どもたちも一緒に嫌がらせされてたこともあり子どもたちを残してやめられず、年長担任に持ち上がることを条件に一年残り、一緒に卒園した。
クラスにいて子どもたちといる時間は大変ではあったが楽しかった。

【職場が大変だった原因】
新卒からずっと同じ場所にいる人たちが酷かった。
その人たちが嫌がらせをしていることを知りながら何も対応しない園長たちも悪い。
仕事内容も勤務時間中に終わる量じゃない。




【仕事で良かったこと】
クラスの子どもたちがそんな環境で生活してきてしまったため、大人に対して距離を取ってるような態度であったが徐々に子どもらしく過ごせるようになったこと。
子どもなりに分かっていたようで、自分が何か先輩から言われたりされたりした後には近くに来て頭を撫でたり、いろんなことを手伝ってくれようとしたりと優しい心が育ってくれたこと。




【特にひどかった最悪の出来事】
運動会の練習で園外のグラウンドに行った時の話。
その日は人手が足りず自分のクラス以外に2つのクラスの雑用をしなければいけなかった。
(合計3クラス)
気温30度の炎天下の中走り回り、子どもたちに水分を取らせたり休憩させたりする際に自分も水分を取ろうとするがその様子を見てそこで休ませまいと違うクラスに呼ばれ雑用を行っていた。
案の定熱中症で倒れ、園長に発見され救急搬送。
その日、翌日は園長の指示で自宅療養をし2日目に出勤すると倒れたことを咎められ、休んだこともあれくらいで休むなんて何を考えているんだと責められた。
その後は挨拶も仕事内容で話しかけても全て無視され、全園児が関わる内容の情報も回ってこなかったりと子どもまで巻き添えをくらってはぶかれた。




【相談した人・助けてくれた人】
あまりにもひどい扱いだったため園長に訴えた。
しかし、その先輩が悪いことは分かっているし、その人が原因で辞めていった人が何人もいることも分かっているが何もしなかった。
保護者もなんとなくわかっているようで、先生大丈夫?無理しないでね。
と声をかけ心配してくれたことが唯一の救いだった。

【改善のための行動】
とにかく理由も分からずに嫌がらせをされていたため新人いびりだと思いはじめは気にしなかった。
気にしなかったことが余計に癪に触ったようでターゲットにされたが、同期に愚痴を聞いてもらいながら乗り切った。
園長に相談したが、何も改善されなかったため子どもたちのためと思いそれだけでなんとか堪えた。




【現在の状況と心境の変化】
その職場を去年辞め、転職した。
新たな職場は人間関係も良く働きやすい。
ほとんどの時間を体のどこかしらに不調を抱えていたが、体調も崩さなくなり精神的にも身体的にも健康に過ごせている。
その職場は人手不足が深刻化し無資格者を雇いはじめたが、結果資格がないとできない事務作業等の負担が増えて退職希望者が続出し引き止めがすごいとのこと。
辞めてよかったと心底思う。

【学んだこと】
給料よりも人間関係が長く、健やかに働くには大切であるということを学びました。
逃げることも自分を守るための手段であると実感しました。



【当時の自分へのアドバイス】
職場環境が悪く、絶望感でいっぱいだろうけど、子どもたちや保護者からは絶大な信頼を得て良好な関係で続けていけるから安心して。
園長に相談しても何も変わらないけれど、変えようと思わず、自分を守るために職場を変えることも一つの手段だから今のクラスの子たちを送り出すのと同時に自分も離れることは正解だと思うよ。
あと少し子どもたちを守って頑張って。