憧れの保育士、そしてやりたかった仕事だったけど、仕事が苦痛になってしまった。

憧れの保育士、そしてやりたかった仕事だったけど、仕事が苦痛になってしまった。

【性別】女性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
23歳

【当時の職業】
保育士

【当時の住まい】
実家から通っていた。

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
今は退職し主婦





【就職のきっかけと経緯】
大自然の中でのびのび体を使って遊ぶ保育園で、自分の好きな保育をしている園だったので。
実習をして履歴書を渡した。

【環境と仕事内容】
私が担当しているクラスは園長の孫がいて、その親も姉妹園の園長をしている、という環境だった。
赤ちゃんクラスで他にも一緒に保育する保育士もいた。
最初は補助をして学んでいたが、その孫のクラスの担当保育士になってしまい、常に園長から見られているような感じがした。
勉強会も多くあり、園に残って職員会議、そしてその準備をしていた。

【大変だった時期】
大学卒で就職して、すぐから大変だった。




【大変だったこと】
体を使ってのびのびと遊びをする園だった為、体力勝負な仕事だと思う。
新卒で入っていたので、何とか頑張っていたが、歳とともにキツくなりそう。
年長を担当すると、お泊まりで合宿をしたり、体力と精神的キツイ仕事。
勉強会もちょこちょこあり、休みの日でも勉強会に行くこともあった。
なにより園長先生とぶつかって仕事を辞めた人が何人もいるような、厄介な園長だった。
その園長の孫のいるクラスの担任になってしまい、精神的にボロボロになってしまった。
途中で痩せてしまい、ストレスから胃腸炎になってしまった。
保護者との関わりも大変で、保護者へのフォロー、対応について悩んだ時期もあった。
子どもが好き、だけでは務まらない大変な仕事だと思う。

【大変だった期間】
辞めるまでずっと。




【当時の心境】
園長の孫がいるクラスをこのまま持ち上がっていくことに不安を覚えていた。
特に年長さんになるともっと大変なので、常に不安だった。
精神的にキツくなり体がボロボロになってしまったと思う。
仕事に行きたくない日も多くあり、それでも子ども達のために頑張った。

【職場が大変だった原因】
園長先生の存在だった。
別のクラスを担当していたら変わっていたのかもしれない。
他の職員はいい人で派閥などもなかった。




【仕事で良かったこと】
人間関係が大変な仕事だが、子ども達は可愛いく、接していると毎日癒された。
子ども一人一人の性格に合わせて接するのも大変な事もあるが、可愛い子どもとすごす日々は楽しかった。
一緒に公園に遊びにいったり、園庭であそんだり、楽しい体験はできた。




【特にひどかった最悪の出来事】
赤ちゃんクラスの時、子どもと遊んでいると園長先生の部屋からずっと見られていて、監視されているようだった。
あなたは未熟だからと注意も受けた。
他から見たらそんな酷い仕打ちを受けている訳ではなかったけれど、いつも棘のあるいい方で、精神的にキツかった。
1度私が仕事に行く前に、扉に挟まって子どもの爪が剥がれてしまう事件があり、担任である私が謝ったが、園長先生からは対応が悪いと怒られてしまい、保育中に泣いてしまった。
私の未熟さもあり、悔しくて辛くて、いたたまれなかった。
今思うと、もっと成長して、適切な対応が出来てたらと思う。
でも園長としての責任もとって欲しかった。
精神と体力にもボロボロになった私は結局仕事を辞めてしまった。




【相談した人・助けてくれた人】
同期がいたのが、心の支えになった。
たまに愚痴を言ったり、気分転換しにいったり出来たので良かった。
また一緒に担当クラスをもった先生にも相談したりして、アドバイスを貰った。
年上のパートの人も話を聞いてくれたり、気持ちを分かってくれた。

【改善のための行動】
勉強会には参加して、保育を学んだ。
もう少し保育士のスキルを上げて、周りを見る目、保護者との関わりをもっと経験して積み重ねていくと、日々の保育がスムーズに行った。
その人の性格にもよるが、気にし過ぎるといけないと思う。




【現在の状況と心境の変化】
辞めてから10年経つが未だに、夢で保育園の生活が出てくる時がある。
その夢も精神的キツイような内容を見てしまう。
今は子育てをして保護者の気持ちも分かり余裕が出てきたので、子どもが手を離れたら、もう一度保育士復帰してもいいなーと思えるようになった。
けれども、担任とかではなく、補助のパートで充分とも思うが。

【学んだこと】
社会の人間関係を学んだと思う。
上下関係、そして保護者との信頼関係を築き上げる事の大事さ。
人との関わりを学んだ。



【当時の自分へのアドバイス】
保育士の仕事は他にもあるから、その園だけと思わず外にも目を向けて、新しい環境へと移って良かったと思う。
辛かった日々も後からは、自分の身になり、貴重な体験だったと思う。
社会にでるその大変さを勉強し、強くなったと思う。
全てが自分の糧になるから、辛くても頑張れ!でも精神的に、体にきてしまったら、辛いと言って休んでもいいと思う。